行事別の記念品の相場

行事によって贈る記念品は異なります。どんな記念品にお金がかかってしまうのか? - 行事別の記念品の相場

行事別の記念品の相場

あなたは記念品を贈るときには行事ごとによって贈るものが変わることを知っていますか?
お祝い事だから毎回これを贈っておけばいいということはなく、行事別だからこそそれに見合った記念品を贈ることが大切なのです。
あなたはその行事別に合った適切な記念品を贈ることができますか?
きっと多くの人はなかなか記念品を決めきれないのではないでしょうか。
一体行事別ではどのように贈り物が変わり、それぞれの相場はいくらくらいなのでしょうか?
そこで今回はそんな行事別ではどのように贈り物が変わり、それぞれの相場はいくらくらいなのかについて紹介していきましょう。

送別会や退職の時には?

もしあなたの上司が退職する場合には、ボールペンやコインケースなどのこれからもずっと使い続けられるようなものが好ましいでしょう。
このような送別の時にはみんなで出し合って物を買う場合が多いので、おおよその予算は人数にもよりますが大体10,000円から35,000円くらいの予算内で抑えるようにしましょう。
もし個人からの贈り物をするのであれば、みんなで買うものよりも高いものは選ばずに、3,000円から6,000円くらいの幅で何か送ると良いでしょう。

卒業シーズンの記念品は?

卒業シーズンの時には新たな門出という想いや意味を込めて、次のステップで使うような斧を選ぶことがベストです。
新しいステージも勉学のフィールドであるならば、勉強に役立つような文具券や図書券などが好ましいです。
直接テキストを買ってあげたり、現金を送ったりするのではなく、あくまで自分で買うものを考える選択肢を与えるのと、使えるものに制限のある金券であれば、無駄使いもせず必要なものに必要なだけ使うことができるでしょう。
また、卒業して社会に出るという時であれば、時計やボールペンなどの社会に出て絶対に欠かせないものを贈るのもアリでしょう。
何れにしても予算は5,000円から10,000円以内に抑え、社会に出る時に関して言えば、相手との関係にもよりますが10,000円から30,000円くらいの相場で考えておけば良いでしょう。

結婚式の時に贈る記念品とは?

ljtdyjdt
結婚式の時にはその後の結婚生活で使えるようなものを贈ることがベストです。
例えばこれから子どもが産まれる予定があるのであれば、子どものおもちゃや、ベビー用品などをあげると大変喜ばれます。
このような機会の時には個人から送るよりもみんなから一つのものを送ってあげたほうが喜ばれるので、細々それぞれがあげるのではなく、ひとつ大きめのものを予算5,000円から10,000円くらいで考えてあげると良いでしょう。

婚約の時に送る記念品とは?

婚約の時に男性か女性へ贈るものといえば指輪ですよね。
よく給料三ヶ月分なんて言い方をしますが、この指輪の相場というのは100,000円から300,000円くらいが現状の相場でしょう。
もちろん高くなればなるほどいいものだとは思いますが、あなたの経済状況もあるのであまり無理をしないとともに、一生に一度のプレゼントなので慎重に考えておきましょう。
以上が行事別の記念品の相場についてでした。
行事によって相場が違うということをわかっていただけでしょうか?
記念品を贈るというのは日常生活の中であまり多くないことなので、選ぶことに悩むと思いますが、大切な人へ贈る一生残る記念品になるように選びましょう。
だからと言って力みすぎて、あまりに高価なものを送ってしまっては相手にかえって気を使わせてしまうことになるので、できるだけ相場の範囲以内に収まるようにしましょう。
ぜひあなたもこれらの相場を参考にして行事別で記念品を選んでくださいね。
■記念品を贈るなら記念品オンラインでご注文!